【住宅ローン】仮審査の失敗談①【自己資金0円。300万円あると虚偽の申告をした場合】

住宅ローンの仮審査にまつわる失敗談は

数多く聞いたことがあります。

その中でも、自己資金に関する失敗談をご紹介します。

住宅ローン仮審査の際は、購入する物件の金額に対して

いくら銀行から借りて、いくら手持ち資金を拠出するか

記入して提出します。

当たり前ですが、自己資金が0円の場合は

正直にその旨、申告しなければなりません。

最近は、自己資金0円でも住宅ローンの審査は可能です。

(結構ご存じない方も多いですが。)

当然年収や勤め先など、諸条件をクリアしなければ

住宅ローンの承認は得られませんが、自己資金が0円の理由だけで

否決となるケースは少ないようです。

ところが、ある方の失敗談になりますが、

少しでも審査の結果がよくなるように、

本当は手持ち金(自己資金)が0円なのに

300万円自己資金を出す内容で仮審査を

提出してしまったのでした。

結果は、仮審査の承諾がもらえました。

しかし、条件付です。

当然ですが、住宅ローンの本申込の際に、

自己資金300万円分の確認資料(通帳など)を提出する

ことを条件としての融資承認でした。

その方は、やはり300万円の自己資金の拠出は無理だったので

その銀行での融資は諦めました。

その後、別の銀行に、正直に自己資金0円という内容で

再度仮審査を提出し、無事審査に通りました。

今回の失敗談のように、すこしでも審査が有利になるように、

少しでも条件が良くなるようにしたい気持ちはわかります。

人間ですので仕方のないことです。

しかし、住宅ローンの仮審査は、正直に申告することが

非常に重要です。自己資金だけでなく、利用中のローンなどに

ついても正直に申告すると結果が違います。

この失敗談、ご計画の参考になれば嬉しいです。


これから住宅ローンの仮審査をする方におすすめなのが、

同時に6つの銀行に仮審査を提出できるサービスです。⇒住宅ローン一括審査申込




自宅のパソコンからweb上で簡単に手続きが可能です。

面倒な書類の記入も一度の入力だけで終了できるので

なかなか便利です。(必要書類をそろえる必要はあります)

こんな方には特におすすめです。

・複数の銀行の条件を比較したい方

・近くに銀行の住宅ローン窓口が無い方

・仕事が忙しい方。

・まだ住宅ローンの話を周りに秘密の方。

今は、何でもネットで見積りができる時代です。(車検や火災保険など)

中にはネットで家の購入ができる話も聞きました。

住宅ローンの仮審査も今はネットでできるんですね。

今までありそうでなかったこのサービス、

ぜひご活用下さい!⇒住宅ローン一括審査申込




SUUMOでお小遣い稼ぎ!!
アンケートに回答するだけで全員に5000円分のギフトカードが貰えます!! ★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★ 2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方! ■■■■回答者全員に5000円!!■■■■ リクルートが運営する住宅情報サイト「SUUMO(スーモ)」が実施している企画です!! 対象は新築マンション/新築一戸建をご購入された方全員!! 「回答者全員」がプレゼントを貰える太っ腹アンケート実施中です!! プレゼントは、なんと「5000円分のギフト券」! ! ぜひ、住まい探しについてのアンケートに答えて新生活のご準備にお役立て下さい! 個人情報は厳重に管理され、 個人情報が外部に公表されることや、 ご承諾なしにダイレクトメール等を行うことは一切ないので安心ですよ。  
住宅ローンの仮審査で失敗したくない人必見です。
住宅ローンの仮審査で失敗する人の特徴は、 一つの銀行にしか仮審査を申込みしていないことです。 一生に一回と言われマイホームの購入です。 複数の銀行に仮審査申込をすることで、 より金利の低い手数料の安い銀行を見つけることができます。 自宅にいながら、スマホ・パソコン・タブレットから 簡単に、最大6銀行へ同時に仮審査を申込みできる サービスがあります。【無料】 住宅ローンで失敗したくない方へ、 一度ご覧になって頂ければ必ず参考になると思います。 失敗しない住宅ローンはこちらからどうぞ→→→→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)